宮前平ここいろ歯科・矯正歯科

コラム|宮前平ここいろ歯科・矯正歯科

homeコラム

目立ちにくくてお得な「ハーフリンガル矯正」って知ってる?

皆さま、こんにちは。
宮前平駅より徒歩1分の歯医者「宮前平ここいろ歯科・矯正歯科」です。

矯正治療をしたいけれど、歯の表面に装置がずっとあることに抵抗がある方も多いです。
最近は、矯正治療の技術も上がり、さまざまな装置を選択できるようになりました。
その中のひとつ、目立ちにくくてお得な「ハーフリンガル矯正」についてご紹介します。

ハーフリンガル矯正ってなに?

ハーフは半分、リンガルは舌側、裏側のことです。

リンガル矯正(裏側矯正、舌側矯正)は、歯の裏側にワイヤーとブラケットの装置をつける方法です。
すべての矯正法の中で、もっとも目立たないといわれる方法で、矯正中の見た目が気になる方におすすめです。
しかしながら目立たない分、オーダーメイドでつくられるため、歯科医院ならどこでも取り扱えるわけではないのです。
また、治療にも高い技術と経験が必要なため、一般的な表側矯正に比べると、費用は高くなります。

そこで、ハーフリンガル矯正の人気が高まっています。
下の歯は、表側に矯正装置をつけても、それほど見た目の邪魔になりにくいということから、上の歯だけ、つまり半分だけ裏側矯正にする方法です。
上下の歯ともに裏側装置にするよりも治療費を節約できますし、上下とも表側矯正にするより断然目立ちにくくなるという2つの矯正法のメリットを得られることから、ハーフリンガル矯正が人気を集めています。

ハーフリンガルのメリットとは?

表側の矯正と裏側の矯正を組み合わせる矯正は、さまざまなメリットがあります。

●費用を節約できる
上下ともリンガル矯正するよりも、上のみ裏側にすることで費用が抑えられます。

●目立ちにくい
会話中や笑ったときに目につく上の歯の表側には何もついていないため、目立ちにくいです。
笑っても下の歯はほとんど唇に隠れて見えないため、写真やイベントの際もそこまで気にすることなく過ごせます。

●違和感が少ない
特に下の歯は、裏側に装置を付けると舌の違和感が強く、会話がしにくかったり痛みが出やすいですがそれを避けられます。

●口元が出ない
特に出っ歯や八重歯のある方は、さらに装置が表側につくことで、装置の分だけ唇が膨らんで見える可能性があります。
そのような見た目や不快感も回避できます。

●マウスピース矯正では難しいケースにも対応
目立ちにくいマウスピース矯正と比べて、歯を抜くケースや、口元を大きく後退させるケースなどでも幅広く対応可能です。

●仕上がりをイメージしやすい
表側の装置だと、治療が終わって装置を撤去する前に仕上がりをイメージしにくいですが、表側に装置がついていないため、仕上がりを見て納得した状態で外せます。

宮前平ここいろ歯科・矯正歯科は、ハーフリンガル矯正に対応している歯科医院です。
目立ちにくくて費用も抑えられる、ハーフリンガルで矯正してみてはいかがでしょうか。

矯正についてもっと詳しく >

 

 

お問合せ24時間
予約専用ダイヤル