宮前平ここいろ歯科・矯正歯科

コラム|宮前平ここいろ歯科・矯正歯科

homeコラム

欧米と日本との歯並び矯正の考え方の違い

皆さま、こんにちは。
宮前平駅より徒歩1分の歯医者「宮前平ここいろ歯科・矯正歯科」です。

お子さまの歯並びが気になるけれど、矯正治療をするのは幼いからかわいそう、もっと大人になってからでよいのではなどと悩んではいませんか?
確かに、矯正治療はいつからでもスタートできます。
しかし、欧米では小さい頃に矯正治療をするのは一般的で、前向きな考えを持っています。

今回は、欧米と日本の歯並び矯正の考え方の違いについてご紹介します。

日本とは違う欧米の矯正に対する考えとは?

矯正治療をするのが恥ずかしい、不安などとマイナスのイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?

日本では、矯正治療はまだまだ一般的ではないからかもしれません。
また、歯並びが悪くても「八重歯がかわいい」などとチャームポイントとして受け入れられます。

しかし、欧米では「なぜ直さないのだろう?」と不思議に思われます。
欧米では矯正治療は一般的で、むしろ「装置をつけたい」と自ら思うお子さまも多いです。
矯正治療ができることは、愛情を注いでもらっているという考えもあります。
見た目を気にする風潮は少なく、ワイヤー矯正をオシャレとして楽しむ方や自慢する方もいます。

また、欧米ではむし歯でなくても歯医者に予防をしに通う方が多く、歯並びも将来の健康維持やマナーとして治すのが普通です。
矯正治療の重要性への理解があり、お子さまのうちから矯正治療をしようと前向きにスタートします。

矯正治療でお子さまの将来の選択肢が広がる!?

欧米の考え方から、将来グローバルに活躍してほしいのであれば、矯正治療はマストです。

  • 歯の健康を守る
  • 自信がつく
  • 大学進学や就職の面接で好印象
  • 自己管理能力が高い印象

歯並びがよいと、むし歯や歯周病になりにくくなり将来残せる歯が増えます。
また、矯正治療をする前はコンプレックスだった口元も改善され、ポジティブになる方も多いです。
特に欧米では、歯並びが大学受験や就職の面接に大きく関わり、歯並びがよいと第一印象がよくなります。
社会にでても、歯並びがよい=自己管理ができている、マナーがよいなどの印象を与えてくれます。

宮前平ここいろ歯科・矯正歯科は、小児矯正治療も行っています。
お子さまの将来の活躍のためにも、早めの矯正治療をご検討されませんか?

矯正歯科についてもっと詳しく >

 

 

ウェブ予約
電話をかけるWEB予約